スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

肛門鏡

医療器具の前項ではクスコ(膣鏡)を紹介しましたので、
今回は同じ機構、目的のものとして肛門鏡を取り上げてみましょう。

クスコは簡単に言えば「膣腔を押し拡げる道具」でしたね。
となれば肛門鏡も同じく「肛門を押し拡げる道具」です。
肛門はそもそも直腸の開口部(排出口)として存在するので、
肛門鏡を使用すれば必然的に直腸を覗くことが出来るワケです。

まぁフツーに考えたら「直腸見てみたい!」とはなりませんよね、やっぱり。
ただ、SMの場合「見たいかどうか」じゃなくて「見られたくない」を見る事に意味があるんです。
恐らく究極の辱めに近い視姦
…ですからね、肛門の奥を覗かれるのは。
(実際見てみるとビックリするほど肉感的なピンク色でキレイなんですけどね)←余談。

そういう訳で今回は肛門鏡のご紹介を致しましょう。

analspeculum1.jpg
(参考画像1:SMの場合、アナル拡張の道具として使われることも多いですね。)
関連記事
医療器具 | TB(-) | CM(-)

クスコ(膣鏡)

医療機器なのにアダルトグッズとしても活用されているものって結構あったりするんです。
電マなんかはもう医療の印象など皆無ですが。
今回解説するクスコもAV業界では結構重宝されている道具でしょうね。
女性用医療器具なんですが、むしろ男性の方がよく知っている…なんて。

一応先に正しいアナウンスをしておきましょう。
正式な名称は「膣鏡」と言います。
産婦人科で使われるもので、
「膣内に挿入し開大して膣腔を検診」「膣、子宮内の医療措置」「膣式手術」
が主な用途とのことです(wikiさんより)。

AV業界ではよく「中まで見えてるよ~」的な使われ方をしていますが、
あながち間違いでもないんですよね。
しかも、
「子宮口を肉眼で確認」
なんてそうそう出来ませんからね。
男のロマンみたいじゃないですか?違うかな?
それではこれをSMにどう活用するか、下記の解説をどうぞ。

speculum1.jpg
(参考画像1:体内を凌辱されているような感覚になるのだとか。)
関連記事
医療器具 | TB(-) | CM(-)

バラ鞭、六条鞭、九尾鞭 - ムチその1

皆さんお待ちかね(?)、「SMと言えば…」でお馴染みの鞭です。

鞭の知名度はSMの代名詞と言っても過言ではない程なのですが、
その割に一般生活の中ではまずお目に掛かる事のない調教道具でもあります。
気軽に使えるモノではないですからね。

さて、鞭には大きく分けて3種類あります。
難易度の低い順に「バラ鞭」、「乗馬鞭」、「一本鞭」です。
それぞれ個別に記事を起こしますが、
今回は一番難易度の低い「バラ鞭」についてご紹介しましょう。

難易度が低いとは言え、電マやバイブを使ってみるのとはレベルが違いますから、
その点だけは読み誤らないで下さいね。

私にとってバラ鞭を打つというプレイは
ソフトSMの最高峰、本格SMの登竜門
だと思っています。

それでは解説に続きましょう。

9whip1.jpg
(参考画像1:「打たれる」のではなく「打っていただく」のです。)
関連記事
苦しみを促す道具 | TB(-) | CM(-)

アナルスティック

アナルプレイ用の道具、最近になって急に豊富になってきましたね。

ほんの数年前は「肛門を性戯の対象にするなんてヘンタイ!!」っていうのが一般的で、
アナルプレイはSMにおいても決して「ソフトSM」なんかではなかったと思います。
それが今では「アナルセックス」として一般に認知され始めているというのですからナンとも。
これに比例してアナルグッズも随分と豊富に、そして進化してきました。
より簡単に快楽を得られるように工夫されたグッズも開発されています。

それでもSMにおいてアナルプレイは古典的な調教の1つですから、
定番のアナルグッズさえ用意できれば幾らでも応用が利きます。

今回紹介するアナルスティックも定番中の定番、アナル調教の基本道具です。
見ればきっと「あー、コレね!」となるハズ。
使い方は下記の解説に続きます。

anstick1.jpg
(参考画像1:初めてのアナル責めには最適な道具ですね。)
関連記事
アナル調教用道具 | TB(-) | CM(-)

電動マッサージ器(電マ)

日本人は世界でも屈指の肩こり民族なんだそうで、
ガイジンさんに言わせれば「肩こりって何?」レベルなんだとか。
そう広くない国土の中に1億もの人間がひしめき合っているとなれば、
そりゃ肩もこるってモンですよ。

とりあえず何でも売れそうならば作ってみる、というのもモノづくり大国日本ならでは。
肩がこるならマッサージ器を作れば売れるんじゃないか…なんて具合です。

いざ売り出してみたらアラ不思議、何だか本来の目的とは違う業界に飛びつかれまして。
健康器具として世に送り出したマッサージ器は、
今や立派なアダルトグッズになりましたとさ。

いや、さぁ。
どこをマッサージするかは自由じゃん?!
そういう訳ですよ。

こんな便利な道具、SM世界でも放っておくハズないです。
強制快楽においてこれに勝る道具はないくらいの重要度。

今回はそんな「ご主人様の手抜きグッズ」電マをご紹介しましょう。

massager1.jpg
(参考画像1:例えば公開強制オナニー。電マの振動は確実に快楽へ突き落とす凶器となります。)

関連記事
快楽を与える道具 | TB(-) | CM(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。