スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ボディークリップ - その1(単純に挟むだけのもの)

乳首に洗濯バサミ…SMの形式美とも言える古典的プレイですね。
「洗濯バサミなら安易に用意できる」「ただ挟むだけ」というお手頃感からか、ソフトSMでは欠かせないプレイの地位を確立していると言っていいでしょう。

だからといってその痛みを甘く見ていると…?!

SMの世界ではこのプレイを「ボディークリッピング」と総称していて、主に加虐や快楽、装飾を目的としています。
加虐目的であれば強度のある洗濯バサミやピンチコックを、
快楽目的であればローター機能がついたニップルクランプを、
装飾目的であれば鈴やベルのついたクリップ等をそれぞれ使います。

今回は”その1”として洗濯バサミや木製ピンチをご紹介しましょう。

pinch01.jpg
(参考画像1:拘束されて無防備な身体に痛みを与える。支配欲が満たされる瞬間ですよね。)
■解説
所謂「挟み」プレイというのはAVで多用された為かソフトSMの定番になってしまいましたが、
実はこれ、やり方によっては相当痛みを伴います。
洗濯バサミが汎用されていますが、本来の使用用途からして
「水を吸った重みのある布が風に吹かれても飛ばされない」
…程の挟み強度なんです。
更にキャッチ部分はギザギザに山なりカット加工されているので、引っ張っても取れにくいシロモノ。
これを乳首はおろかクリトリスに挟むとなると…想像に難しくないですね。

調教主のスキルは「痛みを与えること」ではなくて「与える痛みをコントロールできること」なんです。
これホント重要。
性奴隷の被虐レベルにあわせて痛みの加減をしてあげて下さいね。

また、痛みのコントロールができれば「快楽のアクセントに痛みを与える」とか「痛みそのものに快楽を覚えさせる」といったスキルも身についてきます。
このような調教主のスキルアップ術は鞭のような本格道具でいきなり実践する訳にはいきませんから、そういった意味でも洗濯バサミやピンチで「痛みの加減」や「性奴隷の反応を読む」といったスキルを身に着けていく事は大切ですね。

pinch02.jpg
(参考画像2:木製ピンチは麻縄との相性バツグン。本格SMなら見た目にも拘りたいですね。)

私は苦痛を目的としたボディークリッピングには木製ピンチを愛用しています。
木製ピンチはキャッチ部分がギザギザに加工されていない(流線型になっています)ので、
挟んだ時に過剰な痛みが伴わない事はもちろん、挟んだ状態からピンチを引っ張って外したり鞭で叩き落とすといった応用が出来る事も長所です。
洗濯バサミと比べてもビジュアルに秀でていますし、「木製」という自然の風合いは縄の質感と相まって温もりを感じさせるので、
調教主の「加虐」を愛情表現に見立てるならこれ以上ないくらいの責め具だろうと思います。
SM道具は基本的に無機質なものが多いですからね。

さて、グッズ購入コーナーです。
今回は単純に「痛みを目的として挟む」に特化したものです。


■グッズ購入(NLS商品詳細ページにリンクします)

新・木製豆つまみ(画像提供:NLS)
新・木製豆つまみ(画像提供:NLS)

これはよく見る一般的な木製ピンチの一回り小さいものです。
通常サイズの木製ピンチは重みがあるので、挟んだあとダラーンっと重力方向に垂れてしまうんです。
あまり見た目に美しくないというか、何というか。
またクリトリスや大陰唇などの陰部に挟み込む場合、大きいと単純に邪魔なんですね。
小さすぎると迫力に欠けるので、このサイズが一番実用的で見た目にも迫力があります。
鞭で払い落とす等の使い方なら強度があって分解しにくい木製ピンチが最適ですよ。

ピンチコック 2個セット(画像提供:NLS)
ピンチコック 2個セット(画像提供:NLS)

あまり見慣れないピンチかもしれませんが、欧米のSMではよく使われているものです。
無機質なメタリックが「いかにも」って感じで気に入っています。
これはネジ式になっていて、挟む強さを微調節できるのが特長です。
どこまで痛みに耐えられるかな…なんていう責め方もできちゃうんですね。
元は化学実験器具でチューブ等を通して内部の流れを遮断・制限する道具のようです。
私は乳首責めやデコレーションに活用していますよ。


今回は単純に挟んで苦痛を強いるボディークリッピング道具をピックアップしましたが、
他にも沢山のクリッピング道具があるので、いずれそれも記事にしようと思っています。
お楽しみに☆


アダルトグッズのNLS
↑私がいつも道具調達でお世話になっているアダルト通販のお店です。
グッズの使用者コメント等、参考になる事も多いので是非一度ご覧になってみて下さい。
道具画像の提供もして下さっている優しいお店です。
関連記事
苦しみを促す道具 | TB(-) | CM(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。