スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

調教道具を手に入れるには

振り返ればまだまだインターネットが今ほど普及していなかった中学生の頃、
いわゆる「エロ本」「エロビデオ」をいかに安全かつ確実に入手するか試行錯誤したものだなぁ、と。
願う物ほど簡単には手に入らない、だからこそ余計に欲しくなってしまう…。
きっと今の青き性は「エロ本」「エロビデオ」なんてネットで容易く消費してしまうのでしょうね。
便利とは時に虚しいものです。

とはいえ、調教道具となれば話は別。
出来ることなら自らの身柄や性癖を隠したまま、どうにかして入手したいと思いますよね。
幾つになっても若き性のドキドキを味わえる、そんなオトナ達に贈る今回のテーマです。

さぁ調教道具を手に入れよう!

pornshop.jpg



■購入方法の選択肢

調教道具を購入するに当たって重要視したいのは『信頼性』『手軽さ』『価格』『品質』の4つ、じゃないですか?
私も初めは道具を揃えるのに手間取りまして、上記全てに当てはまる購入方法を模索した1人です。

そうは言っても、手に入れる選択肢としては

・街のアダルトショップ
・街のSM専門店
・大型量販店のアダルトコーナー
・ネット販売店の通販
・ラブホでの購入

この5つにほぼ限定されます。
なんたってあまり表だって売っているものではありませんからね。


■お店の特徴

では上記の選択肢について、核心をついた解説をしていきますね。

・街のアダルトショップ
⇒お洒落なお店から胡散臭いお店まで様々な趣の店舗があり、基本的に前者は企業店舗、後者は個人店舗です。
個人店舗は入りにくく値段も高めで、若い人や女性はまず回避推奨です。
企業店舗は個人店舗に比べれば入りやすく多少は安価ですが、人目を気にするのであれば抵抗があるかと思います。

・街のSM専門店
あまりお目にかからないと思います。
実はビルの1室等でこっそり営業しているのです。
上質で本格的なSMグッズが手に入るので、調教師を目指すのであればお気に入りのお店に通ってコネクションを作ると便利です。
また、イベントや裏話も聞けるなど情報を得る場でもあります。
当然ですが上質ゆえ値段も相応だったりします。

・大型量販店アダルトコーナー
⇒ドン・キ○ーテが有名ですね。
定価よりは安いですが、一般的な量販店なので人目を気にするお方には著しく不向きです。
種類も限られますし、落ち着いて選べないという欠点があります。

・ネット販売店の通販
⇒ネット販売は簡単に言うとバカ高いお店か物凄く安いお店かの二極化です。
前者は悪徳業者や個人店舗のネットサービス等が当てはまります。
後者はネット販売に特化してアダルトグッズ専門に大量発注するので、店舗では有り得ない価格で購入できます。
人目を気にせず購入でき安いので便利ですが、購入前に実物を確認できないのは欠点です。

・ラブホでの購入
⇒定価で一時代前のグッズを揃えている場合が殆んどです。
コメントのしようがないくらい無条件回避推奨です。


■お店の使い分けを

例えば私の場合、SM専門道具はいつもお世話になっているSM専門店へ、その他のアダルトグッズはこちらもいつもお世話になっているネット通販専門店へ、と分けて利用しています。
一度購入した実績があれば安心して利用でき、店舗とのコミュニケーションが取れるようになれば情報網やコネクションが作れて利便性が高まります。
SM専門店もネット通販も、落ち着いて購入できますし、アレコレ考えて購入する私にとっては悩む時間を与えてくれる事が何より助かります。


■マイショップ

私が利用しているSMの専門店は六本木にある雑居ビルの店舗です。
お店の特定は控えますが、比較的知名度のあるお店なのでご存知のお方も多いかと思いますよ。

ネット通販のお店は1 Night Love Storyというお洒落な名前の専門店です。
グッズ購入者の生々しい使用コメントが投稿されているので実際の商品評価が事前に行えるのが私には魅力です。しかも薄利多売なのか安いですし、希望すれば立派なカタログまで頂けます。
難点はやはり手元に届くのが翌日以降になる点ですが、それでも翌日なら早い方なんでしょうね。
着払いもできるので是非お試しあれ。

■ホームセンターは宝の山

自作の責め具や調教オプションとして市販品を使用する場合、ホームセンターの具材は非常に使い勝手がよく良質な道具が手に入ります。
竹細工、木片、ピンチ、金具、シート、縄、ゴムベルト等々、応用できるものが山のようにあるのです。

調教のコツが掴めてきたら自作の道具を編み出してみるのも腕の見せ所。
ホームセンターも立派な選択肢の1つと言えるかもしれません。


各々のメリット・デメリットを比較して、
入手したい物や求める条件にあった購入方法を選択するのが一番の近道ですよ。
あとは度胸とお金次第!
素敵なお買い物をお楽しみください。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://torturebox.blog.fc2.com/tb.php/3-87be3bf7










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。