スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ディルド

ディルドと言っても、あまりピンと来ないかもしれません。
出始めの頃は「張り型」とか「コケシ」とか、そんな隠喩をされてきた道具です。
隠喩の通り、この道具はそのまんまペニスを模造したものですよ。

かつては代表的な膣挿入系アダルトグッズだったのですが、
現在はスイングやローター機能を付加した「バイブ」にその座を奪われてしまいました。
AV等でも一部を除いてあまり見る機会が無くなってしまったので、
もしかしたらこんな道具がある事を知らない人もいるかもしれません。

そんな一昔前の道具なんか今更出番があるのかというと、あるんです。
SMに限って言えばバイブよりも使い勝手がいいくらい。
活用の仕方は一本竿型バイブと似ていますが、
より屈辱的に、より恥辱的に快楽を強制する
事ができるんですよね。

今回はそんなディルドをご紹介しましょう。

dildo1.jpg
(参考画像1:…ね?屈辱的でしょう?)
■解説
繰り返しますが、ディルドはペニスを模った樹脂製の道具で、ただの「模造ペニス」です。
動かないバイブとでも言えばわかりやすいかと思います。
当然電動機構は一切ありません。単なる樹脂。

で、サイズや形状は最近やっと豊富になってきましたが、
代表的なディルドは「平均的な日本人男性のペニスより若干大きめ」のモノが多いですね。

道具としての特徴は細部までペニスに似せているリアル感です。
感触、大きさ、硬さから血管や筋等の模倣まで、まるでペニスそのもの。
カリ部や竿部の作りが多少大げさになっていたりする種類もありますが、
そこが快楽へのトリガーでもあります。

そして大半のディルドには「玉袋」まで見事に付いています(樹脂製で硬いですが)。
そこを取っ手にしてピストンしたり、
または奥まで挿入した際に「ペチンペチン(※)」を味わえるように、です。
(※擬音。SEX時、玉袋が膣口とアナルの付近によく当たるでしょう?あの音。)

更に根元には吸盤が付いているモノもあります。
その吸盤で壁や床や椅子にディルドを固定して使用できるのです。

ここまで書けばわかると思いますが、
ディルドというのは本来「女性が能動的に擬似SEXを体験する」為の道具なんですよね。
だからペニスに限りなく似せてリアル感を出し、使い勝手にも配慮されているんです。

女性向けであっても基本的に女性は受身で使用する道具が多い中、
ディルドは女性が能動的に快楽を堪能できる貴重な道具だと思います。

そんなディルドが、なぜSMで重宝するのか…。

「女性が能動的に快楽を堪能できる道具」であるのなら、
それを強制させ、蔑むだけで立派な恥辱になるでしょう?

被虐者は受身でいる事が「快楽」であると同時に「自分への言い訳」でもあるのです。
性的快楽を得る為に自らが行動するという事は「自分への言い訳」を失う事と同じですから、
より大きな屈辱感と恥辱感を与える事が出来るんですね。

それ以外にも、造形がペニスそのものである事が直接的な快楽と背徳感を掻き立てるので、
バイブの電動機構なんて小細工が無くても、ピストンだけで十分に責めあげる事ができます。
「余計な動きをしないだけバイブより使いやすい」と言ってもいいくらい。

ま、使い分けはしますけどね。

dildo2.jpg
(参考画像2:双頭ディルドなら2穴挿入も可能で一石二鳥。)

ディルドには上記画像にもある通り双頭のものもあります。
女性同士でお互いに挿入する、というニッチな趣旨の道具ですが、
膣とアナルに同時挿入するという使い方もできます。
また非常に長いので挿入深度に制限が無い点で膣奥派の女性には魅力的かもしれませんね。

■グッズ紹介(道具画像クリックでショップへリンクします)
みちのくディルド(画像提供:NLS)
みちのくディルド(画像提供:NLS)

このディルドは私がSMの世界に入った時からずっと調教に使用している道具です。
少し大きめですが、造形や質感がリアルでM嬢にも悦ばれていますよ。
吸盤も付いていて使い勝手もいいので、調教では重宝しています。

ダブルヘッダー(画像提供:NLS)
ダブルヘッダー(画像提供:NLS)

双頭バイブは調教オプションの1つという事で保有しています。
正直ほぼ使用しませんが…。
複数のM嬢を同時に調教するような時には捗る道具、という位置づけです。


バイブとディルドは似た使い方をする道具ですから、
正直に言うと調教時にどちらを使用するか迷う状況もあります。
私なりの判断の仕方は基本的に「快楽重視=バイブ」「被虐感重視=ディルド」ですが、
最終的にはM嬢の状態を見て選択する事が多いですね。
どちらも優れた道具ですから、
出来るだけポテンシャルを活かした使い方を心掛けたいものです。


アダルトグッズのNLS
↑私がいつも道具調達でお世話になっているアダルト通販のお店です。
グッズの使用者コメント等、参考になる事も多いので是非一度ご覧になってみて下さい。
道具画像の提供もして下さっている優しいお店です。
関連記事
快楽を与える道具 | TB(-) | CM(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。