スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ローター(特殊形状)

ローターと言えば最早説明不要なアダルトグッズの代表格ですよね。
「ピンクローター」として不動の地位を確立したシンプルな球状ローター。
技術革新が目覚ましい昨今のアダルトグッズ界において今もなお人気が高いのは、
それだけ多くの女性に悦びの音色を吐かせてきたという実績があるからなのでしょう。

振動を起こすだけという単純機構ながら、振動にこそ快楽のツボを見出したローター。
そんなローターの特性を活かすべく、使用目的に特化した「派生型」も実はいっぱいあるんです。

ただローターの場合「派生型≠進化型」でして…
使用目的に特化した事で逆にあの無骨な振動を活かせていないガッカリな物も多いです。

SMで使用する場合も使用範囲が限られる点で少し扱いにくい印象があります。
また、機構が複雑になる程ハードな使用に耐えられず故障してしまう事が多々あり、
結局シンプルなローターを手に取るようになってしまうような。

そんな派生型ローターではありますが、もちろん調教に使える物だってちゃんとあります。
どうやって調教に取り入れるかも含めて今回はご説明していきましょー。

rotor6.jpg
(参考画像1:クリップ付きローター。乳首以外に陰唇や陰核で使えますね。痛みと快楽の競演です。)


■解説

ローターに限らずバイブやディルド等というのは快楽を与える事が主目的なので、
SMプレイでしか使えないような奇抜なものって存在しないんです。
そうなると調教でこれらの道具を使用するにしても「快楽」を取り除く事は出来ない訳で、
調教を施す側からすれば「快楽に何をプラスするか」に重点が置かれるようになります。
その「プラスする何か」次第では今回記事にしている派生型ローターの出番が巡ってきます。

例えば「快楽プラス痛み」である場合、
(当然幾らでも方法はある訳ですが)1つのオプションとして下記のような道具を使用します。
クリップローターと呼ばれる類の一種で、名の通りクリップが付いただけのただのローターですね。

ワイヤレスクランプ
ワイヤレスクランプ(画像提供:NLS)

シンプルなローターを身体の一部に固定する場合、テープで張り付ける手法がよく取られます。
ただ、それだと身体に押しつけてしまう事になるので振動の低下は避けられません。
振動自体も単調なので刺激にも慣れてしまいやすいのです。

クリップローターは身体と接する部分が少なく、押しつける必要もないので振動が十分に活かせます。
更に更に。
クリップでぶら下げている状態なので被虐者が身体を動かす度に大きく揺れるのですが、
その揺れがローター本来の単調な振動による刺激にアクセントを生みだしてくれるのです。
乳首で使用するなら四つん這い、陰部で使用するなら立たせた姿勢が最も効果的ではないでしょうか。

また、調教で使用するのならクリップも上手に活用したいところです。
敢えて必要以上の強さで挟めばクランプのように苦痛を与える事ができますし、
縄化粧を施した後に乳首へ装着すれば、歪んだ乳房を強調させるアクセサリーとして映えますよね。

rotor10.jpg
(参考画像2:じっくりとGスポットを刺激して感度を高めるのも使い方の一手。)

他に派生型ローターとしてよく見られるのが、膣に挿入する事を前提に作られたタイプのものですが…
この記事でも散々書いてしまった通り、ローターの振動刺激というのは単調になりがちなのです。
バイブのような捻りのある動きや強い刺激がない点でも膣へのインパクトは総じて弱め。
出し入れして使うにしてもバイブやディルドには及びませんし、どうしても歩が悪い印象です。

結果、「膣内で振動刺激をいかに活かすか」→「Gスポットに絞る」で登場したのが特殊形状ローター。
バイブのように出し入れする事を計算していないので、ピストン向きの形状では全くありません。
という訳で道具自体の画像はコチラ。
マイティースパロウ
マイティースパロウ

何だか歪なフォルムでしょう?
これがGスポット刺激に特化した有名な特殊形状ローターです。
本体底部と大きく膨らんだ挿入部にモーターがあり、挿入部はGスポットに、底部は陰核に各々振動刺激を与えるのです。
文字にして上手く伝わるのかなぁ…。

で、本来これはオナニー用の道具なんですね。
何故かというと、ピストンさせずにじっくりと快楽を味わう為に開発されているから。
膣が勝手に締って抜けにくくなりますので、手を添えるだけでいいんです。
これだけ聞くと女性にとっては何だか夢のような道具のようですが…。

ではこれをどう調教に使うのか、ですが。
一番手軽なのはオナニーショーをさせてしまう事でしょう。
バイブ等を自ら出し入れさせる姿も淫乱さが強調されて素敵ですが、
じわじわと押し寄せてくる快楽に身を捩る姿は官能的で一層素敵だったりしますよ。
見られる側の恥辱感もバイブ等とは違った味わいがあるようです。

あとは縛りあげてからオルガスターを挿入して放置、という楽しみ方もアリです。
抜けにくい特性を利用して強制快楽に溺れさせ、その様を冷めた目で見守ってあげてください。

あー今回の記事は随分長くなってしまいましたね…もうちょっと端折ればよかったかも。
他にも乳房に吸い付かせる類のローターとか色々変わり種をご紹介したかったのですが、
今回はここら辺にしておきますね。


アダルトグッズのNLS
↑私がいつも道具調達でお世話になっているアダルト通販のお店です。
グッズの使用者コメント等、参考になる事も多いので是非一度ご覧になってみて下さい。
道具画像の提供もして下さっている優しいお店です。
関連記事
快楽を与える道具 | TB(-) | CM(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。