スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ディルド

ディルドと言っても、あまりピンと来ないかもしれません。
出始めの頃は「張り型」とか「コケシ」とか、そんな隠喩をされてきた道具です。
隠喩の通り、この道具はそのまんまペニスを模造したものですよ。

かつては代表的な膣挿入系アダルトグッズだったのですが、
現在はスイングやローター機能を付加した「バイブ」にその座を奪われてしまいました。
AV等でも一部を除いてあまり見る機会が無くなってしまったので、
もしかしたらこんな道具がある事を知らない人もいるかもしれません。

そんな一昔前の道具なんか今更出番があるのかというと、あるんです。
SMに限って言えばバイブよりも使い勝手がいいくらい。
活用の仕方は一本竿型バイブと似ていますが、
より屈辱的に、より恥辱的に快楽を強制する
事ができるんですよね。

今回はそんなディルドをご紹介しましょう。

dildo1.jpg
(参考画像1:…ね?屈辱的でしょう?)
関連記事
快楽を与える道具 | TB(-) | CM(-)

バイブ(一本竿形状)

現在、「バイブ」と聞いて一番イメージされやすいのはクリローター付き形状のものでしょう。
例えが古いですが、「十手」のようなカタチをしたアレです。
クリローターを付属する事で挿入時にクリトリスへの刺激も加えられるようになったという優れモノで、
「中派」「クリ派」問わずに使用できる事から一気に主流になりました。

一方、クリローターの付いていない一本竿バイブはあまり見かけない存在に…。
AVでも全くと言っていい程に使われていないような気がします。

確かに、初めて手に入れるのでしたらクリトリスも刺激できる方がお得でいいですよね。
主流の形状だけあって各メーカーから沢山のモデルが出されているので、
選び甲斐があるというのも楽しみのひとつですし。

ただ、実は私が調教で一番良く使うバイブは一本竿形状のものなんです。
何故かというと…まぁそれは色々と理由があるのですが。
誤解を恐れずに一言で表現するとすれば、
「オンナが壊れるか、バイブが壊れるか」
…というくらいに責め立てる事が出来るからです。

vibrator6.jpg
(参考画像1:竿のみのシンプルな形状は「突き刺す」にはもってこいのカタチ。)

恐らく既にクリローター付きバイブを愛用している方々も1度くらいはこう思った事があるハズです。

「奥まで入れられてないかも…」
「もっと奥まで突きたい…」
「ピストンしにくい…」

それを全て解消してくれるのがこの一本竿バイブの最大の魅力なのです。

関連記事
快楽を与える道具 | TB(-) | CM(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。