スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バイブ(クリローター付き一般形状)

恐らくアダルトグッズ業界ではローターと双璧を成す普及率でしょう、バイブは。
AVの影響力ってハンパないんですねぇ。
ローターはどちらかと言えば女性側からの期待度が高い道具なのですが、
バイブに関しては男性側の好奇心の方が女性側の期待度を遥かに上回っているような。

なんたってバイブの形状と使用イメージが凌辱感アリアリでして。

ローターの場合は「これなんだろー」「どう使うんだろー」なんておとぼけも通用しそうですが、
ことバイブに至ってはフォルムからして男性器そのもので、
「どう使うのかわからなーい」等とは間違ったって言わせちゃくれません。

それでもかまととぶりたい女性へご説明差し上げるとすれば…
「ぶっ刺す。以上。」
これで大抵の女性は「知らぬ存ぜぬ」を突き通せなくなることでしょう。

もはや現代のSMにとっても必要不可欠なくらい調教に応用されています。
先ほども書きましたが、バイブの持つイメージが凌辱感の塊ですからね。
「責める」「汚す」「犯す」「壊す」等々、
ありとあらゆるサディスティックな衝動に適合する悪魔のような道具なのです。

今回はバイブの中でもより一般的に認知されている「クリローター付きバイブ」を取り上げますよ。
SMに限らず、ノーマルなラブタイムにも使えるお馴染みバイブのご紹介でーす。

vibrator1.jpg
(参考画像1:バックスタイルで挿入。出し入れされるバイブと絡みつく膣壁の卑猥な連動を特等席で観賞。)

関連記事
快楽を与える道具 | TB(-) | CM(-)

リモコン式ローター/バイブ

「AVの歴史は道具の歴史」
と謳っている某AVメーカーさんのウェブサイトを見て妙に納得する私。
現在ではアダルトグッズの定番となったローターやバイブ等も開発当初はイロモノ扱いだったとか。
それを率先して映像に取り込み、世の男性諸氏に普及していった事はAVの功績と言えるでしょう。

AVの世界にはありとあらゆるアダルトグッズを使った作品が存在しているようで、
多くの支持を得たAV作品で使われているアダルトグッズは他のAV作品でも取り入れられやすいとのこと。
そうやって露出を増やしていき、道具として認知と普及がなされていくのだそうです。

今回取り上げたリモコン式ローター/バイブもAV作品から爆発的大ヒットしたアダルトグッズのひとつ。
電波を使ってスイッチの切り替えを行う遠隔操作システムが唯一にして最大の特徴です。
「ごく一般的なSEX」には全く使いどころのないこの遠隔操作システム。
なんでこんなに人気が出たのか不思議でならないのですが、
兎にも角にも「飛びっ子ローター」として最近ではかなりの知名度を獲得していますね。

知名度があれば女性側の抵抗も多少は和らぐというもの。
敷居が低いので導入のしやすさは比較的容易な部類と言えるでしょう。
SMと露出は切っても切れない関係ですし、調教として露出を始める足がかりには持ってこいの道具です。
今回はそんなリモコン式ローター/バイブをご紹介しましょー。

remote1.jpg
(参考画像1:リモコン式の特色を活かすにはやっぱり露出が一番でしょうね。ハイ、記念撮影☆)

関連記事
快楽を与える道具 | TB(-) | CM(-)

ローター(特殊形状)

ローターと言えば最早説明不要なアダルトグッズの代表格ですよね。
「ピンクローター」として不動の地位を確立したシンプルな球状ローター。
技術革新が目覚ましい昨今のアダルトグッズ界において今もなお人気が高いのは、
それだけ多くの女性に悦びの音色を吐かせてきたという実績があるからなのでしょう。

振動を起こすだけという単純機構ながら、振動にこそ快楽のツボを見出したローター。
そんなローターの特性を活かすべく、使用目的に特化した「派生型」も実はいっぱいあるんです。

ただローターの場合「派生型≠進化型」でして…
使用目的に特化した事で逆にあの無骨な振動を活かせていないガッカリな物も多いです。

SMで使用する場合も使用範囲が限られる点で少し扱いにくい印象があります。
また、機構が複雑になる程ハードな使用に耐えられず故障してしまう事が多々あり、
結局シンプルなローターを手に取るようになってしまうような。

そんな派生型ローターではありますが、もちろん調教に使える物だってちゃんとあります。
どうやって調教に取り入れるかも含めて今回はご説明していきましょー。

rotor6.jpg
(参考画像1:クリップ付きローター。乳首以外に陰唇や陰核で使えますね。痛みと快楽の競演です。)

関連記事
快楽を与える道具 | TB(-) | CM(-)

ローター(シンプル)

「おとなのおもちゃ」って言葉の響き、素敵ですよね。
何だかソワソワしちゃうモンです。
何だろうとか、どう使うんだろうとか、あれやこれや想像してみたり。
まだアダルトグッズが今ほど市民権を得ていなかった頃、
数少ない奇妙な道具達は高価でシンプルで使い手を選ぶ代物だったハズです。

今回ご紹介するローターは「おとなのおもちゃ」界でも屈指の知名度を誇る事でしょう。
アダルトグッズ普及以前から、ピンク色をしたコイツはアダルトグッズの代名詞的存在でしたから。
人間にはマネできない微細な振動を与えるだけの道具ではありますが、
それだけでもSEXに道具を取り入れた事のなかった当時のカップル達には刺激的だったと思います。

現在はアダルトグッズが苦も無く手に入り、また多様な種類の商品が展開されるようになりました。
山ほどあるアダルトグッズの初歩として使われる事が多くなったローターですが、
SMにおいてはそのシンプルさや単純さが幸いして現在でも重宝がられる第一線級の責め具です。

激しく使っても壊れないというのはSMでは最大の魅力
…ですからね。

それに使い方も多様にあって、アイディア次第で幾らでも応用できるというのが更に素敵。
今回は誰もが知っているであろうローターを敢えてご紹介致しますねー。

rotor1.jpg
(参考画像1:拘束を施さずに卑猥な格好でオナニーショーをさせる、というのも立派な恥辱調教ですよね。)
関連記事
快楽を与える道具 | TB(-) | CM(-)

口枷

突然ですが、唾液が1日に約1リットルも分泌されるってご存知でした?
基本的には口腔粘膜を保護すべく常に一定量が口内にキープされているのだとか。

赤ちゃんであれば涎を垂れ流しにしていても愛らしいでしょうが、
大の大人が唾液なんぞ垂らそうモンなら、もれなく軽蔑の眼差しを頂ける事でしょう。

「なんだアイツ、クスリでもヤッてんじゃねーの」的な。

だからこそ1日1リットル分泌されようが好き好んで涎を垂らす大人はいない訳です。

それに、体内で生成される無色透明な粘液って何だか卑猥な感覚がありませんか?
男性的にはカウパー液、女性的には「愛液」とでも言っておきましょうか、それです。
オーラルセックスが前戯として一般的になってからというもの、
唾液は立派な「愛液」として見られるようになった節があります。

今回は口枷のご紹介なのに唾液の事をつらつらと。
何故かって、私が「口枷を噛ませて涎を垂れ流させる」のが好きだからです☆

とりあえず唾液トークはこれくらいにして、
口枷についての詳細は解説をどうぞー。


kuchikase1.jpg
(参考画像1:身体だけでなく言葉までも拘束されるという無力感が魅力。)

関連記事
拘束に用いる道具 | TB(-) | CM(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。