スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

肛門鏡

医療器具の前項ではクスコ(膣鏡)を紹介しましたので、
今回は同じ機構、目的のものとして肛門鏡を取り上げてみましょう。

クスコは簡単に言えば「膣腔を押し拡げる道具」でしたね。
となれば肛門鏡も同じく「肛門を押し拡げる道具」です。
肛門はそもそも直腸の開口部(排出口)として存在するので、
肛門鏡を使用すれば必然的に直腸を覗くことが出来るワケです。

まぁフツーに考えたら「直腸見てみたい!」とはなりませんよね、やっぱり。
ただ、SMの場合「見たいかどうか」じゃなくて「見られたくない」を見る事に意味があるんです。
恐らく究極の辱めに近い視姦
…ですからね、肛門の奥を覗かれるのは。
(実際見てみるとビックリするほど肉感的なピンク色でキレイなんですけどね)←余談。

そういう訳で今回は肛門鏡のご紹介を致しましょう。

analspeculum1.jpg
(参考画像1:SMの場合、アナル拡張の道具として使われることも多いですね。)
医療器具 | TB(-) | CM(-)

クスコ(膣鏡)

医療機器なのにアダルトグッズとしても活用されているものって結構あったりするんです。
電マなんかはもう医療の印象など皆無ですが。
今回解説するクスコもAV業界では結構重宝されている道具でしょうね。
女性用医療器具なんですが、むしろ男性の方がよく知っている…なんて。

一応先に正しいアナウンスをしておきましょう。
正式な名称は「膣鏡」と言います。
産婦人科で使われるもので、
「膣内に挿入し開大して膣腔を検診」「膣、子宮内の医療措置」「膣式手術」
が主な用途とのことです(wikiさんより)。

AV業界ではよく「中まで見えてるよ~」的な使われ方をしていますが、
あながち間違いでもないんですよね。
しかも、
「子宮口を肉眼で確認」
なんてそうそう出来ませんからね。
男のロマンみたいじゃないですか?違うかな?
それではこれをSMにどう活用するか、下記の解説をどうぞ。

speculum1.jpg
(参考画像1:体内を凌辱されているような感覚になるのだとか。)
医療器具 | TB(-) | CM(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。